ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

交通事故・後遺障害をトータルにサポートいたします。

葵の森接骨院では、交通事故治療に関しては事故後の治療から後遺障害トータルにサポートいたします。

交通事故専門の行政書士法人とも提携していますので、事故後の治療でお悩みの方は、どうぞご安心してご相談下さい。

当院の交通事故治療の特徴

当院では交通事故治療に力を入れています。

みなさんは、交通事故に遭われた場合どこで治療してもらいますか?
病院や整形外科をはじめ、接骨院や鍼灸院、整体院などいろいろなところがありますね。

交通事故に遭った場合、まず痛みを感じなくても必ず病院などで検査してもらいましょう。
レントゲンやMRIで骨や神経に異常がないか確認することはとても大事な事です。


最新治療器と手技療法のイメージ

最新治療器と手技療法の多角治療

当院では最新治療器と手技療法をメインとした多角治療を行っております。

交通事故後の治療は是非当院におまかせください。




交通事故患者様の声

交通事故にあってしまったら

救急車の手配

突然のアクシデントで混乱してしまうかもしれませんが、まずは落ち着いて行動することが大切です。

ただちにクルマの運転を停止し、負傷者がいる場合には救護を行ない、必要があれば適切な病院に運んだり、救急車の手配を行なわなければなりません。

その後、加害者や事故状況の確認、事故証人の確保や警察への連絡などを行います。

まず、相手を確認する
  • 加害者の住所、氏名、連絡先
  • 加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
  • 加害車両の登録ナンバー
  • 勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
    (※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)
警察へ連絡する
交通事故に遭ったら必ず警察へ届け出なければなりません。
警察官が作成する書類が重要な証拠として残り、後日「交通事故証明書」を受けることができます。
これは、後日に保険請求する際に大変重要なものです。
加害者から「お金は払うから警察に届けないで」、「免許が取り消されて仕事ができなくなるから警察に届けないで」 などと懇願される場合があります。
しかし、本当に車の修理代やけがの治療費など支払ってくれるとは限りません。
警察へ報告義務を果たさないという非合法な態度に出る人間が誠意をもって賠償に応じる可能性は極めて低いです。
また、事故当日より時間が経ってしまうと、事故による物損や怪我の因果関係が証明出来なくなる場合もあります。
事故の証人を確保する
事故の目撃者がいる場合は、その人の証言をメモし、また氏名・連絡先を聞き、後日必要ならば証人になってくれるように頼んでおきます。
自分でも確認し記録をとる
時間がたつにつれ、その時の状況など記憶が薄れていくことがありますので携帯電話のカメラなどで現場の写真を撮ったり、事故の経過などを記録しておくことも大切です。
事故現場の痕跡(ブレーキ痕、壊れた自動車などの部品等)、加害車両、被害車両など複数の角度から写真を撮っておきましょう。
交通事故証明書の取付け
最寄の自動車安全運転センターから交通事故証明書を交付してもらいます。
ただし警察への届出の無い事故については交通事故証明書の発行はできませんので、ご注意下さい。
(自賠責保険での被害者の直接請求や仮渡金の請求にも必要。)
必ず専門家の診察を受ける
事故当初はストレスと緊張で痛みが無い場合もあり、しばらくしてから少しずつ痛みが出てくることがあります。
その時はたいしたことはないと思っても、意外に重傷であることもあります。
事故にあったら必ず専門家(医師、柔道整復師)の診察を受け診断書を発行してもらいましょう。
診断書を所轄の警察へ提出することにより、物損事故から人身事故の扱いになり自賠責保険への治療費請求が可能となります。

慢性化させないために

慢性化イメージ

「当院は交通事故治療の実績が認められ、「週刊文春」にて「交通事故優良施術院」として紹介されました。

交通事故の場合、レントゲンを撮っても病院では「異常なし」と診断された場合であっても痛みが残る場合 が多くあります。

これは、筋組織や軟部組織がレントゲンには写らない様な微細な損傷がある場合や骨格のズレが原因となっている事が多いのです。

当院では「ハイボルテージ」という特殊な電気を使用し、筋肉や軟部組織の修復を早めていきます。

さらに、骨格矯正によって歪みを取り除きます。

当院の実績では、早い方で3週間~1ヶ月程、長い方でも3ヶ月で症状が改善されています。

交通事故被害者の救済を目的とした「自賠責保険」適用の医療機関ですので交通事故に関する治療費負担はありません。

また、保険会社の方とのやりとりにも対応しておりますのでお気軽に御相談ください。

また、当院は駐車場が10台あり、夜8:00まで受付し ておりますので会社帰りの方でも安心して通院しやすい環境を整えております。

もし、交通事故に遭われ困っている方は一度当院に御相談ください。

交通事故治療のよくある症状

交通事故後によくみられる症状をご紹介します。

むちうち症とは

正式名は、「外傷性頸部症候群」又は、「頸部捻挫」という診断名です。

むちうち症は外力で首の筋肉が前後左右に大きく揺さぶられる事により首周りの軟部組織が損傷を受けた状態です。

首の通常可動域は、屈曲、伸展共に60°ぐらいです。

その可動域を超えて屈曲、伸展した場合に頚椎周囲の軟部組織の損傷が症状に表れます。

首の骨がずれたり、骨の周りの筋肉や靱帯が伸びたり、という状態です。

これがむち打ち症です。

むちうちの分類

【頚椎捻挫型】
むち打ち症の中で最も多く70%~80%を占めると言われています。
頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靭帯などが損傷されたもので頸部周囲の運動制限、運動痛が主症状です。
衝撃が強い時は、筋肉や靱帯だけのダメージに留まらず、血管や神経までも傷ついてしまうことがあり治療にも長期間かかることがあります。
【神経根症状型】
脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを「神経根」と呼びます。
事故の衝撃で頸椎が変形してしまい、神経の通り道が狭くなってしまったのが神経根症状型です。
神経がつねに刺激を受け続けるため、体のあちこちでの痛みや、手足のしびれなどの症状に加え、知覚障害、放散痛、反射異常、筋力低下などの神経症状を伴います。
【バレー・リュー症候型】
頸部の損傷により自律神経障害を伴う状態をバレリュー症候群といいます。
痛みに加えて、筋肉の凝り、めまい、耳鳴りなどの多彩な症状が認められます。
頸部の損傷によって自律神経が直接的もしくは間接的に刺激を受けることで発症すると考えられています。
【脊髄症状型】
頸椎の中の脊髄にはたくさんの神経が通っています。
この脊髄がダメージを受けると、下半身や内臓などに異常が起こることがあります。
脊髄症状型では、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害などの症状があらわれます。
内臓に影響が現れた場合は膀胱直腸障害が出て、排尿や排便がしにくくなる場合もあります。
【脳脊髄液減少症型】
人間の脳は、脊髄液という無色透明な液体の中に浮かんでおり、液体の中に浮かんでいることで、衝撃から守られています。
しかし、強い圧力がかかることで、周囲の膜が破れて脊髄液が漏れだしてしまうと、脳は最適な位置に浮かんでいられなくなり、正常に働けなくなります。
これが脳脊髄液減少症型です。
この病気は珍しい種類で、頭痛、首や手足の痛み以外に視力、聴力、味覚障害などが認められます。
加えて、血圧や胃腸障害などの自律神経症状、記憶力低下や不眠、全身の倦怠感などの症状も出ます。

交通事故治療なら当院にお任せください。自己負担金0円です!

葵の森接骨院


  • 交通事故治療なら葵の森接骨院へ 治療費0円 長引く痛みに


施術内容

特別治療

  • 医療器のご紹介と効果 元気の出る薬石浴バッドやプロスポーツ界でも利用!痛みを早く回復させる治療器
  • 患者様の声
  • よくあるご質問
  • 求人情報

葵の森接骨院のご案内

岡崎市葵の森接骨院外観

葵の森接骨院
〒444-0932
愛知県岡崎市筒針町字池田149-4
最寄駅:名鉄矢作橋駅 JR西岡崎駅
どちらの駅からも車で5分の場所にあります。(駐車場完備)
お電話をいただけたら丁寧にアクセスをご説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
  • アクセスマップはこちら
診療時間
午前9:00~13:00 午後16:00~20:00
休診日
日曜日・祝日・木曜日

お電話でのお問い合わせは0564-83-7166まで

  • Webからはこちら。お問い合わせフォーム
  • 院長ブログ 接骨院の最新情報